ED治療薬を処方する渋谷の専門クリニック

PDE5型酵素の働きと副作用

PDE5型酵素は、勃起する時に大量生成された血管拡張物質を破壊する酵素です。
血管拡張物質が破壊されると、陰茎の中の血管が弛緩して血流も減り勃起が終息します。
渋谷の専門クリニックで処方するED治療薬のPDE5型酵素阻害薬はこの酵素の作用をブロックしますので、血管拡張物質が破壊されず血管拡張と血流量が維持され勃起が持続します。
これが、渋谷のED治療専門クリニックで処方される治療薬の効果・効能です。
PDE5型酵素阻害薬は媚薬や精力剤の類ではなく、性的興奮から一酸化窒素の発生、血管拡張物質の大量生成、血流のアップ、勃起というプロセスに沿って開発された医薬品です。
そのため治療薬を使ったからといってもその薬の効果がある間中ずっと、性的な刺激とは関係なく勃起しっぱなしということはなく、あくまで性行為にいたる時点で必要な勃起の持続をサポートするものです。
PDE5型酵素阻害薬が有効成分として配合されているED治療の医薬品を使うと、血管の拡張作用による症状が多くの方に発現します。
その症状は動悸や体のほてり、顔面の熱感や紅潮、軽い頭痛などです。

渋谷のED治療専門クリニック : PDE5型酵素の働きと副作用 : 安全な使用のためにはクリニックへ